気をつけて! eBayで出品禁止の商品・禁止事項とは

eBay eBay輸出

こんにちは。eBay Japan 公認コンサルタント のりです。今回は出品禁止の商品・禁止事項についてお伝えします。

ebayでは様々な商品が取引されていますが、何でも販売して良いという訳ではありません
ebayに出品してはいけないもの、販売するにあたり条件付きのもの等があります。
ebayのポリシーだけでなく、国際的な条約や税関などにより出品禁止・規制されているものもあります。

ebayポリシー

ebayが禁止しているもの、規定があるものはebayのホームページに詳しく記載があります。
ebay輸出を行う方は目を通しておきましょう。

https://www.ebay.co.jp/start/business/prohibited/

禁止商品リストには各々リンク先に詳細説明があります。
ここでは、ebay.comにおける禁止商品リストの一部を紹介します。

アダルト向けカテゴリ

アダルト商品は、出品するときに必ず指定されたカテゴリに出品が必要です。
アダルト商品は、買いたい人・買いたくない人・閲覧に制限をかけたい人がいるからです。
ebayポリシーで条件が定められています。

動物・野生生物商品

殆どの生きている動物はebayでは販売許可がされていません。
また、ebayポリシーでは動物福祉と在来種・絶滅危惧種・絶滅危惧種の保護への取り組みを反映しています。
但し、条件付きでミツバチ・コオロギ・てんとう虫・かたつむり等は出品は許可されています。
条件とは政府の許可があり、翌日配達を保証することです。
日本からの販売は非現実的と言えます。

古着

古着はebayでは衛生的な観念から、下着と靴下は綺麗なものであっても出品が禁止されています。
下着とは、ボクサーパンツ・パンツ・ブリーフ・おむつ等を指します。
上半身に身に着けるアンダーウェアについては禁止されていません。

ebayのVeROプログラム

ebayにはVeROプログラムというものがあります。
Verified Rights Owner Programの略です。
「確認済みの権利所有者」という意味ですが、メーカーの知的財産権の保護や偽造品対策等のためのプログラムです。
登録済の各メーカーは違反と思われる出品ページを見つけると、ebayに連絡をして出品削除の依頼をします。
自分が出品した商品が知的財産権を侵害しているとみなされた場合、ebayから”Your listing was removed: VeRO Unauthorized Listing Policy”といったメールで通知がきます。

通知メールが届いたら、すぐに出品を取り下げてください。
既にEnd listingに移動されていることも多いですが、他にも関連商品の出品があれば自主的に削除しましょう。

VeROプログラムの詳細:
https://pages.ebay.com/seller-center/listing-and-marketing/verified-rights-owner-program.html

paypalの利用規定ポリシー

paypalは決済手段ですが、利用規定で「禁止行為」が明示されています。

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/ua/acceptableuse-full

麻薬・ステロイド・規制薬物などに関与する取引のためにpaypalの利用を禁止します、等が記載されています。

ワシントン条約

ワシントン条約(CITES)とは、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関す条約です。
過度に国際取引に利用されることのないよう、保護することを目的としています。
象牙や、動物の革を使った加工品・サンゴ・ローズウッド等が対象です。

ローズウッド問題

ローズウッドは木材の種類です。ギターはじめ多くの楽器に使用されています。
2017年にワシントン条約でローズウッド材全てが禁止となり、多くの楽器が簡単には取引できなくなりました。
その後、2019年に条件緩和があり”ブラジリアン・ローズウッド以外” は取引可能となっています。

ワシントン条約の規約は都度かわりますので、経産省のホームページを見て最新情報を確認しましょう。
ワシントン条約の最新情報は、経済産業省のホームページに載っています。
規制対象種かどうか、ならびに附属書も併せて確認しましょう。

https://www.meti.go.jp/policy/external_economy/trade_control/02_exandim/06_washington/

日本の税関で禁止

日本の税関のHPに「輸出が禁止されているもの」の記載があります。

https://www.customs.go.jp/mizugiwa/kinshi.htm

主に、麻薬・覚醒剤・特許・商標権を侵害した商品などです。

輸出国の規制で輸入禁止

日本から出国できても、受取側の国で輸入が禁止されていると受け取りができません。
国別に異なりますので、 JETROの支援サービスを活用しましょう。

https://www.jetro.go.jp/world/

「輸入規制品」と「国名」で検索すると、情報の絞り込みができます。
ジェトロでは、主要な60カ国についての情報を取りまとめています。

国際郵便で取扱不可

次は、国際郵便で取扱不可のものがあります。
日本郵便のホームページに禁止品が記載されています。

https://www.post.japanpost.jp/int/use/restriction/index.html

主に発火の恐れがある危険物・麻薬などが禁止されています。

また、関連情報として、リチウム電池は国際郵便で発送するための条件があります。

<国際郵便によるリチウム電池の輸送条件>

1.電池は機器に取り付けまたは内蔵されていること
2.リチウムの内容量又はワット時定格値(Wh)等の条件を満たすものであること
3. 電池の数量が範囲内のこと
4.輸入を制限していない国・地域宛のみに発送のこと

https://www.post.japanpost.jp/int/use/restriction/restriction02.pdf?210226

まとめ

出品禁止品について一通り記載しました。
ebayや税関、国際条約などにより各々禁止品があります。
膨大ですので全てを覚える必要はありませんが、確認する方法は把握しておくのがセラーとしての務めです。
他のセラーが出品、販売しているので大丈夫とは限りません。
判断に迷ったらポリシーを確認するのが賢明です。
尚、各規約は変化しますので、定期的に最新情報を確認することをオススメします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
あなたの成功を祈っています。

YouTubeで情報の発信もしています。
質問等ありましたらお気軽にどうぞ

https://www.youtube.com/channel/UCv5pTYnSbcf2kA05oLquSfA/featured

 RELATED

お仕事の依頼はこちらからどうぞ