eBay輸出 リスクへの対応と危機管理 【ネット物販の防災訓練 】

eBay eBay輸出 ブログ

「みなさん、リスク管理はどうしているのでしょうか?」

eBay輸出のリスクへの対応と危機管理をまとめました。2017年、関西国際空港水没。2020年、日本郵便引き受け停止。過去の教訓とこれから起こりうるリスクへの備えて、今から準備しましょう。尚、不安を煽るつもりは全くありません。

 

ネット環境のリスク

Wi-Fiが壊れるだけで、ネット物販は一気にピンチになりますね。
ウチは一応、有線LANケーブルでネットもできます。

MacBook AirはWi-Fi環境が壊れたらネットに接続できない。

 

停電リスク

停電リスク

自家発送だと、パソコンとプリンターが動かなくなるとやばいですね。送り状が発行できなくなるとピンチです。
家には発電機があります。停電リスクに備えています。
ホンダEU 18iと言う機種です。
 

発送代行会社や空港は、大規模停電になったとしても大丈夫だろうか。

 

落雷のリスク

落雷のリスク

雷の影響で、パソコンの電源が落ちた経験のある人は多いと思います。
自宅を音楽スタジオに改造してた僕の友達は、家がある山全体に雷が落ちてレコーディングのデータが全部消えたそうです。
1日の最後の仕事はクラウドに上書き保存。

僕はGoogle ドライブの保存容量2テラバイト持ってます。テラはやりすぎた。必要なかったです。

 

台風リスクと水害リスク

2017年の関西国際空港水没事件の時は、商品が関空からは送れなくなりました。
空港水没のリスクだけじゃないですね。

  • 自宅が浸水
  • パソコンが壊れる
  • 商品がずぶ濡れになる
  • 倉庫が機能不全に陥る

倉庫に預けた商品が水没しても保証は無いと思います。倉庫の規約をご確認ください。

 

地震

地震

日本は地震が多い国です。
自分の体はもちろん、商品も守らないと!
ウチは保管庫から飛び出さないように、耐震グッズで対策をしています。
地震が起きたらすぐ状況を確認して下さい。発送出来そうもない事態でしたら、すぐに出品を取り下げましょう。

 

国際物流のリスク

2020年4月、日本郵便のアメリカ宛の貨物の引き受け停止があり、一時期発送出来ない事態となったeBayセラーもいたようです。
空港や飛行機が使えない事態になる、と海外に発送が出来ませんね。

今後も地震や台風などで、こういったことが起こりうると思います。

対策は送れない時は出品を停止するしかありません。販売先の国の空港の状態も気をつけてください。
(天災、ストライキなど)

 

疫病

コロナウィルスの影響で、疫病リスクを真剣に考えました。今後空気感染するような伝染病がもし出てきたら…。
ネット物販自体は疫病に対して強い業種だと思います。しかし感染してしまっては元も子もないです。

ウチはスタッフを可能な限りリモートにしました。
スクールも完全オフライン体制です。

 

経済恐慌

すみません。世界恐慌を経験したことはありません。
僕自身はリーマンショックの時は証券会社勤務でした。未知の要素が多すぎるので、あくまで僕の意見は参考です。

eBay輸出においては、世界恐慌があったとしても世界に販売できるので、eBayと配送会社が機能していれば一定の量は売れると思います。世界中の人間が一斉に消費を止めるわけではないです。奢侈品は売れなくなる可能性があるとは思いますが。

 

戦争

これも参考程度に。僕が及びもつかないことです。

ビジネスモデルが成立するなら、販売。
成り立たない場合は、出品を停止。
ないことを祈るばかりです。

生き延びることが最優先。

心の準備です。

RELATED

eBay貿易

お仕事の依頼はこちらからどうぞ