eBay輸出のデメリット

eBay eBay輸出 ブログ

初心者のり「デメリットを知らずに始めてしまったんだよなぁ。」

eBay輸出のデメリットをまとめました。もちろん、メリットがあればデメリットもあります。未経験者の方は両方把握した上で、事業として挑戦するかどうかを判断してください。この記事はその判断材料になると思います。

僕自身は、eBay輸出事業で順調に稼いでいます。今の所、デメリットや事業上のリスクは、メリットでカバーできていると思います。

カントリーリスクは常にある

貿易の仕事なので、海外に商品が送れない状態になったらヤバいです。
ただ、全世界に売れるので、一部の国に送れない状態になることはあっても、販売出来なくなることは少ないと思います。

配送トラブル

海外へEMSで数千件商品を送った結果をシェアします。

・紛失、1回。オーストラリア
・すり替え、1回。アメリカ
・破損、数回。

紛失、すり替えは保険でカバーされました。
破損は、一部返金で対応しました。
確かに海外輸送は、荷物を乱暴に扱われることもあります。しかし、結論は大丈夫です。海外発送はそこまで大きなデメリットではないと思います。

為替変動リスク

突然、円高に触れると利益が減ります。ですが、これは対処できます。1個あたりの利幅を大きくとっていれば赤字になる可能性は少ないです。
薄利多売ですと、価格を調整しないと赤字になります。

在庫リスク

在庫を持つので、在庫リスクがあります。ですが、きちんと日本から売れた履歴のリサーチをして仕入れをすれば、買ってくださるお客様はいますよ。全世界に売れるeBayですから。
無在庫に関しては、規約を守って行いましょう。

eBayリミットアップ

eBayには販売金額の制限があり、リミットといいます。新人セラーは、販売をしながらリミットアップをしていくので、いきなりたくさんは売れません。
ですのでデメリットとしては多少時間がかかることです。
時間がかかることを嫌って、アカウントを買う人がいるようですが、当然ながら、アカウントを購入することはNGですよ。
eBayの規約のUsing eBayに書いてあります。

最初はキツい

リミットアップがあるので、すぐには稼げません。
最初はやるべきことが多いです。
何事にもあてはまるかと思いますが、最初はキツいです。

僕がスクール生のために作ったeBayの動画教材がYouTubeの非公開動画においてあります。総再生時間は10時間でした。宣伝ではなくて、正しいやり方でやれば、おおよそ10時間くらいでeBayと商品の知識は把握できる量なのです。最初キツいんですけど、他の副業とか勉強に比べたら、eBayはそこまでの超キツい事業ではないよってことを伝えたいです。

こんなところでしょうか。
メリットも合わせてご確認ください。

RELATED

お仕事の依頼はこちらからどうぞ