【 インボイス 制度 】eBay輸出はどう変わる?

ebayについて All

eBay Japan 公認コンサルタント 曽我 紀之です。
新たに インボイス 制度が施行されることになりました。
「eBay輸出にどのような影響があるの?」と不安になる方もいると思います。
現時点でわかっていることを、お伝えします。
*このブログ内の画像はワンクリックで拡大できます。

インボイス 制度とは?

のり
のり
2023年10月1日から施行される、消費税に関する法律です。

現行の区分記載請求書等保存方式から適格請求書等保存方式に変更になります。
発行事業者の登録番号税率ごとの消費税金額の記載が追加されます。
インボイス 現行との比較
詳細は国税庁の解説動画等を参考にしてください。

インボイス とeBay輸出

eBay輸出を商いされている方には インボイス は聞き慣れたワードだと思います。
送り状の書類・請求書・手数料などで使っていますね。
しかし、今後の日本では インボイス と言ったらこの適格請求書を指すことになるかと思います。

インボイス 制度施行の影響

個人からの仕入れの消費税還付

発行事業者の登録番号の記載された適格請求書がないと、仕入税の控除がなくなってしまいます。
メルカリやヤフオクなどで個人から仕入れた場合だと、適格請求書をもらうというのは難しいと思います。
消費税還付がなくなってしまうことが心配されています。

インボイス 消費税還付

古物商は特例がある

eBay事業を始める際に、古物商許可証を警察から認可を受けている人が多いと思います。
古物商には特例があります。
個人から仕入れた場合、適格請求書等の保存が不要で仕入税額控除を行うことができます。

適用するためには4つの要件を全て満たす必要があります。

① 古物商又は質屋であること
② 適格請求書発行事業者でない者から仕入れた古物・質物であること
③ 仕入れた古物・質物が、当該古物商・質屋にとって棚卸資産(消耗品を除く)であること
④ 一定の事項が記載された帳簿を保存すること

棚卸資産

この棚卸資産というのは、在庫として計上するもの です。
自分で使うものを個人から買った場合は、消耗品になるので特例は適用されません。
売るために個人から買ったものは棚卸資産になります。

一定の事項が記載された帳簿

(1) 取引の相手方の氏名又は名称及び住所又は所在地
(2) 取引年月日
(3) 取引内容(軽減対象である場合その旨)
(4) 支払対価の額
(5) 古物商特例又は質屋特例の対象となる旨
1〜4までは古物台帳と同じですね。
特例の対象となる旨が追加されています。
インボイス 特例
インボイス 特例
引用元:古物商特例について(和歌山県警)

経過措置期間は10年

インボイス制度は10年間の経過措置期間が設けられています。
いきなり、消費税還付がゼロになってしまうわけではありません。
状況が変わることがあるかもしれません。
措置期間の間に、対策ができるのではないかと思います。
インボイス 措置期間

まとめ

2023年10月施行予定の インボイス について現時点(2022年10月)でわかっていることをお伝えしました。
eBay輸出と関係するのは、個人から購入した際の消費税還付でした。

変更がないとは言い切れません。
今後も、アンテナを張って情報をみていきましょう。

今できること

・古物商許可証の取得(まだお持ちでない方)

申請してから手もとに届くまで、時間がかかります。

・適格請求書の登録番号の取得

国内で販売することは、あまりないかもしれませんが取得しておくと良いと思います。
申請書は、国税庁のホームページでダウンロードできます。
[手続名]適格請求書発行事業者の登録申請手続(国税庁)
手数料はかかりません。郵送で送ります。
提出期限は、2023年3月31日です。

今までも
コロナ禍で海外発送ができない・ヨーロッパの規制が厳しくなる などいろいろな状況がありました。
法律の変更も、あったりします。
なんだかんだと乗り越えてきました。

実際に始まってみないとわからない部分はありますが、情報を共有して対策していきましょう!

今回、掲載した以外にも eBay に関してYouTubeで発信しています。
興味を持っていただけたら、チャンネル登録をお願いします。
今後も、最新情報をお伝えしていきます。
YouTube チャンネル のり ebay公認コンサルタント
質問等ありましたら、コメント欄にお気軽にどうぞ。
不安や、分からないこともあると思います。
お気軽にお問合せください。
一緒に考えていきましょう!

友だち追加

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
あなたの成功を祈っています。

RELATED

お仕事の依頼はこちらからどうぞ