eBay輸出 写真の規約と必須事項 【最重要】

eBay eBay輸出 ブログ

「写真は何かコツがあるのかな?」

eBay輸出 写真の必要事項についてまとめました。写真の規約、SEO(検索順位)への影響、写真の順番など、販売を最大化するためのポイントを解説します。規約に関しては、英語をカンタンな日本語に訳しています。写真でコミュニケーションを取りましょう。
ちなみに僕は、eBay輸出家で、プロのカメラ屋でもあります。
いくつか海外のYouTubeもみました。以下の英語の規約はとばしてオッケイです。

Images and text policy 写真と記述の規約


(出典)
https://www.ebay.com/help/policies/listing-policies/images-text-policy?
長いのでポイントをまとめます。写真は一部抜粋です。

  • eBayカタログを使う場合は、カタログの写真と記述は使ってOK
  • お客様は、正確な記述と写真を求めている
  • 写真と記述は自分で創作したものを使用する
  • 他の人が用意したものを使用する場合は、権利を持つオーナーの許可が必要
  • 許可なく転用することは著作権侵害(copyright infringement)と考えられる可能性がある
  • 以下のこのブログ内容は、規約に違反しません。

    Picture policy(写真の規約)

    (出典)
    https://www.ebay.com/help/policies/listing-policies/picture-policy?
    長いのでまとめます。NG項目です。

    実物と違う写真
    ロゴ、透かし、ボーダー、文字、絵などを入れた写真

    背景は白で、明るい写真を用意しましょう。

    規約に関することは、eBay Japanにお問い合わせください。

    写真のSEO

    eBayでは12枚写真を掲載できます。12枚すべて埋めることが、SEOの向上につながるようです。

    写真の順番

    1枚目 クリックを呼び込む写真
    2枚目 クリックされて、次にみられる写真。全体がわかる写真を用意する。
    3枚目以降 外観。お客さまが確認したいと思う所。付属品。傷や不具合の箇所。
    12枚目 付属品などの集合写真

    こんな感じで配置するといいと思います。
    手がうつる場合は、白い手袋をするといいです。

    1枚目の写真

    お客さまはまずキーワードで検索します。タイトルで検索に引っかかるようにしましょう。
    お客さまからみたら、このように一覧になって出てきます。ここから更に、自分の商品をクリックしてもらわないと売れません。
    1枚目は競争です。最も魅力的な写真を掲載しましょう。
    Sold listingsで、売れたものをみて、その中から良いものを真似させてもらい、撮影しましょう。

    2枚目の写真

    1枚目をみてクリックしたお客さまが次に見るのは、2枚目です。この2枚目がショボいと、3枚目以降は見られずに離脱される可能性が高いです。2枚目では、商品を全体的に伝えられる写真がいいと思います。

    3枚目以降の写真

    お客さまが見たい所、確認したい所を予め撮りましょう。この写真は、カメラのファインダー内です。お客さまは、確認の質問する必要がなく安心感を持って購入出来ます。質疑応答を省ければ、時間の節約にもなります。
    傷や不具合がある場合は、アップで撮りましょう。

    写真の規約 その他の注意事項

    eBay輸出 無在庫の規約でも紹介しましたが、写真の流用は規約違反です。
    以前、僕がヤフオクに固定価格で、不用品を処分しようと出品していました。
    その商品が写真を流用されて、eBayで出品されていました。ヤフオクやメルカリは、手数料で収益を稼いでいます。当然、同じ品物の併売を規約で禁止しています。ヤフオクで売っていた僕の商品が、eBayの別のセラーから出品されたことによって、ヤフオクから僕が規約違反行為をしているとみなされてしまうところでした。メルカリやヤフオクで現在出品されているものを、写真を流用して出品する行為は、他人が規約違反とみなされる可能性のある行為です。規約を守りましょう。
    将来的には、人工知能のパトロールで検知されるようになるかもしれないなと思っています。

    また、写真のテクニックを投稿します。お楽しみに!

    RERATED

    お仕事の依頼はこちらからどうぞ