【eBay輸出】ノマドライフ実現!? 仕事はほぼ全て○○に依頼

eBay eBay輸出 ブログ

「ノマドライフってなに?どうやったらいいのかな。」

eBay輸出でノマドライフを実現するための、発送代行会社活用方法についてまとめました。手間がかかる商品撮影、保管、梱包、発送を全部やってくれます。僕自身は2社にお世話になりました。その経験をシェアします。

僕は、副業時代に発送代行会社を使っていました。その時にeBay輸出だけで月利50万円くらいを達成しました。

eBay輸出 発送代行会社を使いノマドライフ

オクルト、オークレボの2社にお世話になりました。オススメはオクルトです。下記のホームページを見るとカメラ専門と思われるかも知れませんが、カメラ以外の商品も扱っています。

オクルトとオークレボの最大の違いは、商品写真です。
eBay輸出で売れるかどうかを決める最大の要因は写真だと僕は思います。
オクルトは、オークレボよりも売れやすい写真を提供してくれるので、オススメです。
オークレボはオクルトより料金は安いですが、写真の質がオクルトより劣るため、個人的にはあまりオススメはしません。商品が売れ残ってしまうのは本末転倒です。高値で売れにくいと経営が悪化します。

http://www.okrto.com/

オクルトの料金について

詳しくはオクルトのホームページにありますが、基本使用料がかかります。5400円です。
オクルトに商品を納品する際の、送料もかかります。仮に一回1000円の送料で月4回納品すると、4000円。
基本使用料と合わせて月間で約10000円はかかりますね。

それにプラスして、一個あたりのサービス料金がかかってきます。代行会社のデメリットは、料金がかかること。一個あたりの利幅が減ることです。

商品撮影の自動化

商品撮影は納品すればやってくれます。eBayでは12枚写真を掲載できます。12枚埋めないとSEOで不利になるので、12枚撮ってもらうように依頼してください。

出品の自動化

オクルトさんから送られてきた商品写真を、リモートスタッフへ送りましょう。Goolge driveが便利です。

発送の自動化

商品が売れたら、Ship&Coで送り状を作りましょう。その送り状をオクルトに添付ファイルで送ります。これで、発送の仕事は終わりです。あとは、オクルトが発送してくれます。自社で、梱包材を用意しなくてすみます。オクルトに送る際は、仕入れの時に来た段ボールなどを使えばいいでしょう。

商品の保管

オクルトさんはプロなので、適切に保管してくれます。例えばカメラだったら、乾燥剤付きで保管してくれるので安心です。

旅行中の発送代行会社活用〜経験談〜


旅行中はノートパソコンで仕事です。朝1時間くらいですね。

新規出品
メッセージ対応
売れたものの発送の指示

1日15分の出品だけですませてるeBayセラーもいます。

旅行中だけは、仕入れた商品がウチに届かないようにしないといけませんね。

旅行先で仕入れをするのは、eBayセラーの常識です。
僕は、国内旅行中に中古ショップをついでにまわり、旅費と同じくらい稼いだことがあります。

商品写真について

ベストは自社で撮影です。僕の経験では、高値で売れてかつ回転が早いです。自前の商品写真をeBayに掲載しています。

ですので、自社で商品撮影後、品物だけオクルトに納品し、発送だけやってもらうやり方もアリですね。

自社発送vsオクルト

オクルトの保管、撮影、発送のサービスを1個1000円とします。
自社で発送する場合は、ダンボールと緩衝材は自分で購入することになります。箱の保管場所も必要になってきます。
そう考えると、発送代行を使うメリットは十分あります。

一方、自社発送は、仕入れが確定した品物をすぐに撮影し出品することができます。僕だと、自宅に届いた当日に撮影、出品し、イギリスのお客さまに買ってもらって、次の日に出荷したこともあります。自社発送だと、商品の回転は早いですね。

気になる時間についても考えます。オクルトに納品する際に梱包する時間と、自社発送で梱包して発送する時間は、大差ないと思います。
副業でeBay輸出をやる人は、自社発送できない場合、オクルトを使いましょう。

メリット、デメリットをご理解の上、自分自身のビジネススタイルを構築してくださいね。

RELATED

お仕事の依頼はこちらからどうぞ