その講師、大丈夫?規約違反!? 危険なコンサルの見分け方【オンライン判別法】

eBay eBay輸出 ブログ

のり「分からないこと、知りたいこと、気軽に聞いてくださいね。」

eBay輸出では稼げないノウハウや規約違反なノウハウもあるようです。スクールやコンサルを受けようか迷っている方へ、要注意なコンサルの特徴をまとめました。参考にしてください。

eBay出品ツールのSaats主催のセミナーで講演実績があります。外部からも一定の評価はあるとは思います。

eBay輸出 稼げない こんなコンサルには要注意

アカウントが停止になることが、最もビジネスに悪影響です。
注意や確認が必要と思われる順にお伝えします。

ノウハウが規約違反してないか確認

eBayでは、写真も商品記述もオリジナルのものが求められます。規約に書いてあります。
特に、セミナーなどで、販売の実例が紹介されると思いますが、その写真がメルカリやAmazonからの転用の場合は、要注意です。著作権に接触する可能性があります。
大量出品ツールなどは、写真を無断転用している可能性が高いので、確認した方がいいです。
権利所有者から許可を得た写真を用いるのはOKです。
写真撮影がカリキュラムに組まれたスクールかどうか確認した方がいいですね。

また、Drop shipping(無在庫)の規約に違反しているノウハウもあるようです。eBayで許可されているDrop shippingはメーカーからの直送です。この場合は、セラーは在庫を持たなくてOKです。
(eBayの規約)
https://www.ebay.com/help/policies/default/ebays-rules-policies?id=4205
納品証明書の提出や、真贋調査はすでにeBayでも始まっています。

過去に講師や生徒がアカウント停止になっている

サスペンド解除のノウハウや実績は、安心材料ではなく、規約や法律に接触しアカウント停止になるノウハウということかもしれません。危険度の高さを表しています。

期間が短い

eBay輸出は、最初リミットアップがあるので、せめて半年以上のサポートがあるところがいいと思います。

講師が1名体制は危険

講師も人間ですので、病気をしたりすることはあると思います。サポートが2名以上の体制のコンサルが望ましいですね。

講師の顔と本名が不明

多くの講師が、実はビジネスネームを使っています。顔を出していない講師もいます。
安全のためにそうしているのかもしれませんし、それは賢明と思える部分もあります。
ただし、ビジネスネームを使うのは理由があってのことだと思います。信用して良いのかどうか、慎重に判断してください。

超高額コンサル

僕の主観ですが、eBay輸出ですと稼げる金額から割り戻して、せいぜい60万円くらいが相場の上限だと思います。それ以上は、高額ですね。

インフルエンサー集客のマンモススクール

高額な広告費、ツール開発費用がかかっているので、費用が高額になりがちです。多数の生徒がいるため、直接インフルエンサーが教えるわけでもなく、当然内容も対応も薄まってしまいます。

飲み会が頻繁にある

仲間との切磋琢磨は必要ですが、飲み会が頻繁にあるとお金も時間も減ります。

講師がBelow Standardに転落している

これは、NGではありません。
2020年のコロナウィルスの時は、クーリエ対応しなかった人たちは日本郵便から大量返送となり、クレームや未着でケースオープンの嵐でした。僕はたまたま回避し、他の先生方と情報を共有しました。

まれに、不可効力で講師でもBelow Standardになってしまうことはあります。

最後に僕の師匠のスクールを載せておきます。
https://richtrade-from.jp/

末長く事業が継続できるように、良いスクールを選んでくださいね。

RELATED

お仕事の依頼はこちらからどうぞ